グランデラバーの会

馬生を全う出来ないはずだったラバーが、沢山の方の愛情に出会い、幸せな余生を過ごせるようになり、また人に懐かなかったラバーが、愛情あるお世話のお蔭で触れ合うことが出来るようになった日々をつづっています

グランデラバーの会 イメージ画像
グランデラバーの日常や、牧場の仲間達、グランデラバーに関連する事などをアップしてきます

更新情報

例年よりも梅雨入りが遅れているようですが、北海道には梅雨がありません。最近は雨が少ないため、乾燥気味です。北海道に多く見かけるポプラの木ですが、いまの時期、綿帽子のようなポプラの種が飛んでいます。夏なのに雪が降っているように見えます。北海道には花粉症は無
『ポプラの種』の画像

チャー君(左)とウインダム(右)です。鹿毛ですが、微妙に毛色が違います。チャー君が14歳で牧場最年少ウインダムが27歳で牧場最高齢どちらもムチムチの馬体です。昨夜は発作がありませんでした。**************************グランデラバーの会HPグランデラバーの会員を募
『年齢差13歳』の画像

美味しい青草を食べて、満足そうなラバー。青草の時期になると、毛艶がダントツ違います。体重500キロ前後の馬達の主食は草。サラブレットはその他に、濃厚飼料を貰います。体重の増加は、細い脚に負担がかかるため馬体を管理して、濃厚飼料の量を決めています。昨夜は発作が
『餌の量』の画像

ラウ君(左奥)バル君(右)仲が良く、2頭で過ごしている事が多いようです。バル君のお父さんはジェニュイン。がっしりとした馬体で、青鹿毛でかっこよかったのを覚えています。バル君はお父さん似にようです。お父さんの分も、沢山長生きしてね。昨夜は発作がありませんで
『青鹿毛』の画像

放牧地では、ずっと食べています。短い草なので、食べ過ぎることはないとは思います。放牧地の草の丈が伸びてくると、草も固くなり馬達は喜ばなくなります。放牧時間は朝の6時から16時半頃までです。雨が降ったり天候によっては、早めの集牧になります。ストレスを与えないよ
『放牧地の草』の画像

↑このページのトップヘ