突然ではありますが本日、ラバーの引越しをします。
生まれ故郷に帰ってきてから【グランデラバーの会】が出来た事で、
余生をこのまま生まれ故郷で過ごす事が出来ると思っておりましたが、
ある日放牧地で牧場さんの奥さまがお世話してくれている最中に、齧ってしまったそうです。

それ以来、ラバーに対する恐怖が大きくなりこれ以上のお世話が出来ないので、
他の牧場へ移動して欲しいとの希望を引退馬ネットの事務局経由で伝えられました。
齧ってしまったラバーを勿論責めるつもりもありません。
何か恐怖を感じてしまい、先に攻撃してしまったと思われます。
恐怖を感じたままラバーに接しても、ラバーにとっても牧場さんにとっても良くない事と考え
牧場さんの意向を受けて移動を決めました。

ラバーの新しい牧場に対しては、下記の事を条件にしました。
・腰の悪いラバーの事を理解してくれる事
・ラバーの気性(齧る)を理解して、接してくれる事
・腰の悪いラバーの為に、少し狭い放牧地を用意してくれる事。
但し、草を食べきった場合は、他の放牧地を用意してくれる事。

色々な牧場を視察しましたが、引退馬協会様のFHであるメイショウドトウとタイキシャトルが繫養されているヴェルサイユリゾートファームさんに決めました。
ヴェルサイユリゾートファームさんでは、気性の激しい元種牡馬たちを引き取られて、
「とても可愛いです」と大切にお世話されています。
ラバーの気性を相談させていただいた時にも「どんな馬でも大丈夫ですよ」と、
優しく応えてくれました。

移動後も暫くは慣れるまでに時間がかかるかと思いますが、
温かく見守っていただけたら幸いでございます。

Instagramに移動の様子をアップしていきますので、よろしければご覧ください。

SIMG_5838済


***************************
グランデラバーの会員を募集しています。入会申込、アルバム、設立の趣旨が確認できます
グランデラバーだけでなく、管理人が出会った馬達、ニャンコ、ワンコなどをアップしてます
twitter
ブログの更新等のお知らせや、情報など発信していきます