グランデラバーの会

馬生を全う出来ないはずだったラバーが、沢山の方の愛情に出会い、幸せな余生を過ごせるようになり、また人に懐かなかったラバーが、愛情あるお世話のお蔭で触れ合うことが出来るようになった日々をつづっています

グランデラバーの会 イメージ画像
グランデラバーの日常や、牧場の仲間達、グランデラバーに関連する事などをアップしてきます

ダイワウィンダム

今は、朝の4時に放牧が始まります。できるだけ涼しい時間と虫が少ない時間に馬達が楽しめるようにとの配慮です。朝ごはんを食べさせて、水を飲んている間に馬体チェック。投薬を開始している馬達は、残った餌の中に薬の食べ残しがないか、毎食チェックしていくれています。
『牧場の仕事』の画像

ウインダムです。1頭で過ごす事が多いウインダム。仲間が嫌いなわけではないようですが、群れないタイプのようです。ですが、オムシのウインダムはグルームミングをしてくれる相手を探しています。オムシ(北海道特有のアレルギー?)はタテガミや尾っぽの付け根が痒くなり
『オムシの季節』の画像

チャー君(左)とウインダム(右)です。鹿毛ですが、微妙に毛色が違います。チャー君が14歳で牧場最年少ウインダムが27歳で牧場最高齢どちらもムチムチの馬体です。昨夜は発作がありませんでした。**************************グランデラバーの会HPグランデラバーの会員を募
『年齢差13歳』の画像

ラバー(左)とゴロゴロしているのはウインダムです。ポカポカ陽気の時は、放牧地でゴロゴロする馬が多いです。地面がヒンヤリして、草が適度に背中に当り気持ち良いのだと思います。寝たまま草を食べているコも見かけます。馬達が放牧地でゴロゴロしたり、寝れるということ
『ゴロゴロの意味』の画像

手前がラバーで奥がウインダムです。兄弟で並んで食べています。まだまだ寒い日がある北海道朝晩は冷え込んで暖房を使う日もあるようです。羨ましいような、でも寒いのは嫌だな~。馬達は冬毛が抜けて、夏仕様です。**************************グランデラバーの会HPグランデ
『夏仕様』の画像

↑このページのトップヘ